スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おばあちゃんの死

10月におばあちゃんが亡くなりました。ずっと一緒に住んでいたおばあちゃんでした。
私の祖父母4人のうち、最後のおばあちゃんです。96才でした。

3年前の10月に自宅で足の骨を折ってから、ずっと病院&老人ホーム暮らしでした。車イスでトイレに行くくらいはできるようになっていましたが、やはり自力で歩くことはできず、自宅での生活には無理があったので、仕方なく…。隣が病院で、度々容態が悪くなって運ばれることもありました。それでも、いつも持ち直していたのですが…。

少し前から、自分で食べるということをしなくなり、口に運んでもらってやっと食べるくらいになっていました。
その日、私はおばあちゃんの顔を見に行ってから、カットに行く予定でした。少し遅めに起きて、朝食を取ろうとしたところ、病院から連絡があり「ご家族誰でもいいから、すぐに来てください!」といわれました。その日、家に居たのは私一人。外出している両親に慌てて連絡を取り、ごはんも食べず病院へ行きました。
3年前に骨折した時も、私の部屋の真上でこけたので、私が真っ先に駆け付けました。夜中の3時でした。
大事な時には、私を呼んでいたのかもしれません。

結局意識は戻らず、叔父や叔母も駆け付けた後、おばあちゃんは亡くなりました。敗血症でした。「ポックリいきたい」が口癖でしたが、それはかないませんでした。けれど、子供達全員に見守られて最期を迎えられたのは、幸せだったんじゃないかと思います。

桜が好きだったおばあちゃん。目が悪くて、ほとんど視力がなかったのですが、春になると「桜を見たい」と言っていました。母が車に乗せて、お花見に連れて行くと、「今年が見納めかもしれへんな~」と感慨深げでした。母は「そんな事言う人に限って、なかなか死なへんで」と憎まれ口をたたいていましたが、その通り、おばあちゃんの「見納めの桜」は15回以上あったと思います。

幼稚園の頃、私を幼稚園まで連れて行くのはおばあちゃんの仕事でした。大きくなって知りましたが、母も私を幼稚園まで連れて行きたかったそうです。けれど、おばあちゃんにその役目を取られてしまったらしいです。小さな妹たちが居たので、仕方なかったんでしょうね。

おばあちゃんは、私の高校の先輩でもあります。おばあちゃんが通った頃は女学校、私が通う頃には共学の高校でした。他に同じ学校の有名人に、大屋政子さんがいます。おばあちゃんにとっては後輩になります。大屋さんはお嬢様で、毎日お昼になるとお手伝いさんができたてのお弁当を届けていたと、おばあちゃんが言ってました。

おばあちゃんは大阪の船場に住んでいたこともあり、船場のおかみさん達の言葉使いの話をしていた事もありました。「そんなに上品な喋り方やなかったわ」と、いくつかマネをしてくれましたが、忘れてしまいました。

「かぼちゃ」と「南京」も、元はどちらかが上品な言い方だったらしいのですが、これも忘れてしまいました。意外そうに「○○の方が上品やってんで」と言ってたのは、覚えているのですが…。

おばあちゃんの顔を見に行くと、老人ホームの人達が「若いね~!」と言ってくれるのが好きでした(笑) ホームに入ってる人たちから見たら、確かに私は若い。世間一般では、決して若くないけどね(笑い)

あまりいい孫ではなかったけど、最後に喋った時「自慢の孫ですねん」と、滅多に言わない褒め言葉を言ってくれたな~。成仏してね。おばあちゃん。

ワタルくんの東京公演中、唯一東京遠征を入れてない週末の事でした。もしかしたら、最後まで気を遣わせてしまったのかもしれません。ごめんね。

コメント

Secret

GS1 ミニゲーム
フォントのサイズを変える
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Google検索
カスタム検索


最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ブログランキング!
ランキング参加中です。よければ両方クリックしてね☆


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

大阪情報を集めた「おおさか遊ぶろぐ」↓
おおさか遊ぶろぐ
リンク
プロフィール

茉莉花

Author:茉莉花
茉莉花はジャスミン。
食いしん坊なキティラーです♪

ようこそ~(*^-^*)
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。