スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大坂図屏風(オーストリア・エッゲンベルク城)

昨日(12/19)、NHK総合で放送された「新発見、大坂図屏風の謎 ~オーストリアの古城に眠る太閤秀吉の夢」
10月末にBShiで放送されたものだそうです。

チャンネルを変えていて、タイトルも知らずに偶然見た番組でしたが、引き込まれました!!


オーストリアにあるエッゲンベルク城。
ここには、各国をテーマにした部屋が残っています。
その中の「インドの間」と呼ばれていた部屋に、中国を題材にした絵と日本の屏風が交互に飾られているのです。

この屏風が、豊臣全盛期の大坂を描いた貴重なものだったのです!!


秀吉時代の城を描いたものは四例現存するそうですが、保存状態が良くないとのこと。
ましてや、夏の陣・冬の陣で大打撃を受けた大坂ですから、その頃の町の様子がわかる屏風というのは、極めて貴重なのだそうです。

五例目となるこの屏風は、装飾のためバラバラにされているものの保存状態は良く、金箔もしっかり残り、色鮮やかな色彩が目を引きます。
上が南、下が北という配置になっていて、に四天王寺・住吉大社、に宇治平等院、大阪城の正面となった”極楽橋”が描かれています。
大阪城は元々南が正面だったのですが、京都に繋がる京街道(淀川沿い)を整備したのを機に北側が正面になり、極楽橋はその時に架けられたものだというお話でした。

極楽橋の入口は、徳川の御代になって豊国神社に移し替えられ”極楽門”という名前になり、さらに琵琶湖の竹生島に移築されたそうです。
竹生島の極楽門を元に、コンピューターグラフィックスで極楽橋が再現されていましたが、それは見事な橋でした。
現代人の私が見てもビックリするぐらいだから、同時の人々はさぞ驚いたことでしょうね。

西には、出来たばかりの船場が描かれ、町人達の活気溢れる生活の様子を知ることができます。

屏風には馬出曲輪(うまだしくるわ)と呼ばれる施設も描かれています。
今までその存在が知られていなかったそうですが、屏風のおかげで大手町のドーンセンターあたりの石垣がそれに当たると考えられるようになったそうです。
となると、馬出曲輪自体がかなり大規模で、大阪城がどれだけの威容を誇ったお城だったかわかるというお話でした。


番組では、さらに太閤さんから拝領したという食器も取り上げていました。
平野区の民家に残っていて、箱から出す様子から映していました。
中に入ってる綿が古そうだなと思ったら、大正14年以来久しぶりに開けるというお話でした。
中から出て来た食器は、金箔が施された華やかなものでした。
こんなにきれいな状態で残っているなんて、ビックリです(@_@)

大阪に住んでても太閤さんの威光ってそんなに感じることがないし(失礼)、ドラマでも常にカッコいい描き方をされてる人じゃないので(ほんと、すみません)、私の中での好感度はそんなに高くなかったのですが…。
あの辺りまでお城の一部だったと思ったり、極楽橋のグラフィックスを見たり、キラキラした屏風や食器を見たりすると、本当にすごい人だったんだな~と思いました。


11/23まで、大阪城天守閣で屏風のレプリカが展示されていたそうです。
あぁ~、見たかった!!
修復後とはいえ、金色が本当にキラキラして、今描き上げられたばかりの屏風みたいだったんだもん!!

次に機会があれば、ぜひぜひ見てみたいです!


◆グラーツ(オーストリアの都市)のサイト→ エッゲンベルク城で再発見された大坂図屏風

◆大阪観光情報のサイト→ 豊臣期 大坂図屏風


ブログランキング参加中です。よければ両方クリックしてみて☆
  ブログランキング・にほんブログ村へ
          にほんブログ村

tag : 大阪城

コメント

初回をみたのかな

私もチャンネルを変えている時に偶然にこの番組を見ました。
見始めたら、画面も綺麗だったのと、絵も美しく・・・内容は、当時の大阪城を知ろうってことで引き込まれて最後まで見入っていました。

「インドの間」って部屋だった為に、ドイツの略奪(?)に遭わなかった・・・違ったかしら?!

で。壮大な屏風絵らしく、お城を中心に城下町が描かれ、登場人物が数百人も居りその中に、「太閤さん」も描かれているのではって。

色彩も綺麗でしたし、登場人物の全てに動きがあり、町に活気が有りましたよね。
展示会は残念でしたね。
でも、映像で見れただけでもラッキーでしたよね。何時かまた機会があると良いですね。

追伸
19日はハリーの誕生日なんだ。で、彼は「針谷幸之進」なんだ。また、素敵なお名前だことv-10
ところで、v-238がこもったケーキですね。板チョコも絵が描くことができるんだね。
リアルで美味しそうだv-274

初回?

昨日の1時間半の特集だけだと思ったんですが…。続きがあるのでしょうか?
camelotさまも同じ番組を見ていたなんて、奇遇ですね~。


> 「インドの間」って部屋だった為に、ドイツの略奪(?)に遭わなかった・・・違ったかしら?!

惜しい!
壁の装飾となっていたので、美術品だと気づかれずに済んだ、という説明だったと思います。


> 色彩も綺麗でしたし、登場人物の全てに動きがあり、町に活気が有りましたよね。
> 展示会は残念でしたね。

ね~。
レプリカでいいから、見てみたかった!
色彩もあんなにキレイに残ってるなんて。奇跡的です!!


> 19日はハリーの誕生日なんだ。で、彼は「針谷幸之進」なんだ。
ハリーは、この名前がコンプレックスなんですよ。
だから「ハリー」と呼ばないと怒るんです。
仲良くなれば「コウ」って呼ぶのもありだけど、私はハリーって呼ぶのが好きかな。


> ところで、v-238がこもったケーキですね。
キャラの性格考えながら、ケーキ作るのっておもしろいですよ。
自分が本当にイタイ人に思えてくるのがネックですけどね(-_-)


失礼しやしたm(_ _)m

初回=10月放送分です。
で、指摘ありがとうございます。
でも残念でしたね。私と入れ替わっていたらレプリカにご対面できただろうに・・・

ところで、ハリー=コウ、呼び方ってゲームをやっている方の選択なのかしら?

ハリーって愛称、劇団に一名いらっしゃるが・・・針谷君とはあまり親しくないので、劇団のハリーの顔が常に浮かんでしまう。
でも親しいわけではなく、作品の作者と一ファンの間柄だけど・・・

またいつか

機会はあるんじゃないかな?
今回の放送で、また見たいという人も出てくるだろうし…。


> ところで、ハリー=コウ、呼び方ってゲームをやっている方の選択なのかしら?

おぉぉ~!
camelotさまが「ときメモ」に興味を持ってくださるとは!!

ということで、記事書いて説明してみました(爆)
詳細は、そちらを読んでみて☆
Secret

GS1 ミニゲーム
フォントのサイズを変える
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Google検索
カスタム検索


最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ブログランキング!
ランキング参加中です。よければ両方クリックしてね☆


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

大阪情報を集めた「おおさか遊ぶろぐ」↓
おおさか遊ぶろぐ
リンク
プロフィール

茉莉花

Author:茉莉花
茉莉花はジャスミン。
食いしん坊なキティラーです♪

ようこそ~(*^-^*)
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。