スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝塚 雪組バウ『雪景色』

雪組のバウ観てきました~。
誘われた当初は「日本物か~」と、ちょっと気乗りしなかったんですが、おもしろかった~~!!

3本立てで、演じる方は大変だろうけど、それぞれの話がちょうどいい長さで。
笑いあり、涙ありの2時間半でした。
さらに、若手の勢いがたっぷり詰まってて

役替わりがあるから、両方観たかったんだけど、Aパターンのみで。
残念!!


 雪景色
ポスターには「完売御礼」の文字が。
 何度でも観たくなる舞台って、みんな一緒なのね。

以下、ネタバレ含みます。


『愛ふたつ』は、大阪の長屋に暮らす夫婦が主役のコメディ。
日本橋・島之内という地名を聞いただけで、「あぁ、あの辺りね」とわかってしまう、私は地元民。

セットの絵には、道頓堀川が流れ、当時(江戸時代)の道頓堀五座の櫓とのぼりが見える。
ちょっとした所が凝っているのが嬉しい。

前半は鈴鹿峠の小四郎、後半は長屋の三五郎の一人芝居に近い長丁場(15~20分)があって、演じる側は大変そう。

茶屋の婆ァ(という役名なんです!)の大凪さんは、仕草や動きは年寄りっぽいんだけど、喋り方に若さが出ちゃってました。時間的なものもあるだろうけど、年寄りらしいゆったりした感じが出たら、さらに”らしく”なったように思ったのが残念。

ハッピーエンドで、みんな丸~く収まり、よかったよかった


二幕は『花かんざし』から。
奉公先のお金を盗み、所払い(江戸追放)になった伊左次が、江戸を出ようとしている所に幼なじみ達がやってきて…。
一幕とは打って変わって、しんみりしたお話です。

主人公の伊左次が人の為に罪を被るなら、回りの人も情けに厚い人達ばかりで。
でも、これも結果的にはハッピーエンドですね。


最後は平家の生き残りを描いた『夢のなごり』
運動会とか、やたら紅白対抗が多いのは”源平”に由来しているというのは知ってましたが、平家が赤で、源氏が白というのは、今日で再認識しました。
『夢のなごり』は、この色がキーワードになるお話です。

山中でひっそり生きる平家の生き残りの元に、源氏の追手がやってくる。
君主を守るため、身代わりとなって自ら命を断つ家臣達。
でも源氏の白旗と思ったのは、実は白鷺だったというお話。
最後にしては、切ない、やりきれないお話でした。


主役のちぎちゃん・こまちゃんはダブルキャストで、全部で6役こなすことになります。
大阪・江戸・平安時代と、セリフの言い回しも変わってくるので、さらに大変(@_@)
しかも日替わりなので、ホント良くやってるな~と感心!
Aパターンしか観れなかったけど、もう一つのバージョンも観たいと思わせるのは、やはり二人に魅力があるからなんでしょうね。

3話ともヒロインを勤めた舞羽美海ちゃん。
第一印象は、やっぱり”可愛い”ですね。若いのに、こちらもがんばってます。

大月さゆちゃんは、研7にしてすでに貫禄十分。
全話で2番手役に回ってますが、どれか一つでもヒロインをしても良かったと思うのですが…。
歌もセリフまわしも不安要素がなく、若手が多い舞台をがっちり引き締めてました。


全話でいい味出してた、専科の汝鳥伶さん。
長屋の家主なんて、いい加減なとこもあるのに、それで騒動が起きてるのに憎めない。
3話で違った役所を難なくこなすのはさすがですね。


『カサブランカ』『雪景色』共に、脚本が良くって、キャスティングが魅力的で、何度でも観たくなる作品でした。


ブログランキング参加中です。よければ両方クリックしてみて☆
  にほんブログ村 演劇ブログへ
          にほんブログ村

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 宝塚

コメント

舞台上の大阪の町は

分からないが、私にも分かる地名が物語のはじまりの鈴鹿峠に。聞き覚えのある地名は…土山。

新名神を三重の鈴鹿から、滋賀へ向かう途中にあるICの名前が『土山』

帰り道で確認してみたけど…大阪から江戸に向かう途中の話しだから違うかしら
話の逆になるし…


ところで三話目、源平=赤白なんだ。切ない物語すぎて救いがないなか最後が、敵方の源氏と思ったらたら白鷺だったなんて…舞台上が救われなければ、見てるこちらも気が重くなる物語だったけど…奥が深いんだ
ここは、私の勉強の場だわ~
知識として残るかはべつとして、でも舞台の楽しみ方ってこんなプチ情報を知ってるだけでも違って来ますもんね

また、いろいろおせ~て下さいねm(__)m

その土山で合ってると思う

江戸時代、どういうルートを辿ってたかよくわからないけど、その鈴鹿峠に土山で合ってると思います。

なぜ青や黄色を使わず、紅白なのか?という話を前に聞いたことがあって、その起源が源平合戦ということでした。
ただ、どっちが赤で、どっちが白かは覚えてなかったんだけど。

今回の舞台、平家の生き残りがひっそり生活している山中には、赤の飾りが使われてましたよ。

ちなみに、高校の体育祭は、紅白ではなく4チーム対抗でした。
朱雀・玄武・白虎・青龍。
太王四神記(笑)
Secret

GS1 ミニゲーム
フォントのサイズを変える
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Google検索
カスタム検索


最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ブログランキング!
ランキング参加中です。よければ両方クリックしてね☆


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

大阪情報を集めた「おおさか遊ぶろぐ」↓
おおさか遊ぶろぐ
リンク
プロフィール

茉莉花

Author:茉莉花
茉莉花はジャスミン。
食いしん坊なキティラーです♪

ようこそ~(*^-^*)
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。