スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝塚 宙組『カサブランカ』

映画で有名な『カサブランカ』を初めて舞台化した作品。
ゆうひさんとすみ花ちゃんの大劇場トップお披露目公演です。


091123.jpg


大人の恋の物語でした。
一緒に観た友達は、すっかりゆうひさんにメロメロ(死語)

以下、ネタばれ含みます。

ゆうひさんは、正統派の男役さんだと感じた作品でした。
ファッションも仕草もやりすぎる所はなく、宝塚のオールドファンも安心して観れる雰囲気があります。
かといって古くさいわけではなく、ゆうひさんの演じるリックはとても自然体でした。
だからこそ、たくさんあるラブシーンも自然に感じられたのだと思います。

私が、正統派を一番感じたのはフィナーレ。
大階段に娘役さんが並ぶ中、タキシード姿で降りてくるゆうひさん。
派手な衣装で降りてくるスターさんが多い中、意外で斬新な演出でした。
次々絡んでくる娘役さん達をさらっと(←ここ重要)かわす所も、大人の余裕を感じさせました。

相手役のすみ花ちゃん。
研5とは思えない、落ち着きと実力。
ゆうひさんと学年差があるのに、それを感じさせないところはさすがですが、鬘のセンスが…と思う所がいくつかありました ドレス姿の鬘が特に合ってなかったように思います。

蘭寿さんも安心して観ていられる2番手。
地下組織の先頭に立って歌う姿は貫禄も十分でした~。
トップと互角に見えるのはすごいと思いますが、相手役にしろ2番手にしろ距離を感じさせず受け止めるゆうひさんもすごいなと。

北翔さんは、まさかの欲の皮の張ったおじさん役
しっかりしたお腹を見た時に、えぇぇ~~!!と驚いたのですが、これを楽しそうに演じる所にまた感服でございます。
恐るべしみっちゃん!!

みっちゃんと並んで美味しい役だったのが悠未ひろさん。
将来ど真ん中に立つスターを育てるのも必要だけど、悠未さんポジションの人を育てるのも絶対必要だと思うんです。
今回は、すごくやりがいのある役だったんじゃないでしょうか?
最後が、同じ小池先生の「Never Say Good-bye」のアギラール(@あひちゃん)そっくりだったのが気になりましたが…。

萬あきらさんは、これが退団公演。
ピアニストのサムを本当に楽しそうに演じていらっしゃいます。歌って踊って♪
あ~~、もったいない!!
ここ最近、専科の方がどんどん辞めていかれますが、大丈夫なんでしょうか?
専科ならではの役もあると思うんですけど。

今回は1940年代のカサブランカが舞台で、シャンソンの名曲も多く使われています。
大浦みずきさん主演のベルばらのフィナーレで使ってた曲がたくさんあったので、所々なつめさんを思い出してしまい、涙。
磯野千尋さんを見た時にも、なつめさんを思い出しました。

ナチが出てくる割に人が大量に死ぬわけでもなく、大人のロマンスが前面に出ていて、宝塚らしいステキな舞台でした。
スペインのファシズムとか、群衆の歌とか、「Never Say」や「スカーレット・ピンパーネル」を連想させる場面は多々ありましたが、装置の使い方や場面転換もわかりやすかったです。
カサブランカの街並みと飛行機に映像を使っているのは斬新でした

1ヶ月半公演なら、もう1回ぐらい観たかったです。
「君の瞳に乾杯!!」


ブログランキング参加中です。よければ両方クリックしてみて☆
  にほんブログ村 演劇ブログへ
          にほんブログ村

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 宝塚

コメント

私も…メロメロ

わたすのなかでは『おされジャンヌ』認定くらいだったみっちゃん。

登場して少しの間、誰が演じているのかわからなく、みっちゃんって分かってビックリ。

大好き人間だけど憎めない。舞台上ではとても『おしゃれ』な人物を演じていたので、今回はみっちゃんにメロメロ
ラストなんて、本当にいい男だった。


ばんけいさん、あの舞台を見ると今回が最後とは本当に勿体無いですね。
でも、凄くいい役ですね。主人公に常に寄り添い、見守る。お店のショータイムの場面では盆がまわりセンターで歌い踊る。数曲あったかと。
最後に相応しい、素敵な舞台と役でしたね。

あと悠未さん、悪人ではないんだけど、フランス領だったカサブランカを統治に来た軍人で、悪人ではないが立場が悪人を醸しだし…さらに、悠未さんが持っている立ち姿が悪人をそれ以上に…自粛
でも、稀有なジェンヌかと。こんな役もいいが、真逆な役も意外性があり面白いのかも。
彼女、歌がとてもお上手なのにビックリ。


がしっかりしていると、私たちは良い(楽しい)舞台が観れるんですよね

追伸
そうか…まだ、『とじこもり』、モトイ『引きこもり』だったんだよかった
イヤ…一日も早く『引きこもり』から脱却して下さいな。宝塚歌劇をリハビリにして
(変な不安を与えたかと…でも安心したよ)

Re: 私も…メロメロ

> わたす
↑camelotさんも『おされファン』認定できそうな言葉遣いですよ♪

> ラストなんて、本当にいい男だった。
うん、路線男役があんなにかっこ良く”おじさん”を演じるなんて。
さすがみっちゃん!

> 最後に相応しい、素敵な舞台と役でしたね。
芸達者な人が、一人また一人と去っていくのを見ると、層が薄くならないか心配になってしまいます。
続く人は出てくるだろうけど。

> 彼女、歌がとてもお上手なのにビックリ。
今回、歌が破綻した人がいなかったのが良かったよね。若手まで歌えてた。


先日、誰かさんがおっしゃってたように、脚本がしっかりしていれば組に関係なく観に行くのに。
さらにキャスティングがハマってれば、最高!
おじさんでも悪役でも、やりがいのある役なら演じる方も観る方も楽しいっていうのは、みっちゃんや悠未さんを見てればわかるし。
それが座付き演出家の仕事なんだけどね~。
Secret

GS1 ミニゲーム
フォントのサイズを変える
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Google検索
カスタム検索


最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ブログランキング!
ランキング参加中です。よければ両方クリックしてね☆


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

大阪情報を集めた「おおさか遊ぶろぐ」↓
おおさか遊ぶろぐ
リンク
プロフィール

茉莉花

Author:茉莉花
茉莉花はジャスミン。
食いしん坊なキティラーです♪

ようこそ~(*^-^*)
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。