スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星組『ベルサイユのばらーフェルゼンとマリー・アントワネット編』(特出:大空)

終わっちゃいました。私の『ベルばら』。トータル12回!久々の二桁観劇です(笑)[多分、『エデンの東』以来11年ぶり] 
My楽の後、しばらく劇場でボ~ッと余韻に浸ってました。公演が終わって淋しいと思うのも久しぶりのような気がします。[多分、『メランコリック・ジゴロ』以来13年ぶり]
雪もわたるアンドレだけ見る予定ですが、もう気分は「終わっちゃった~」なんですよね~。

ベルサイユのばら -フェルゼンとマリー・アントワネット編-【宝塚ポイント5倍】 DVD
 ベルサイユのばら -フェルゼンとマリー・アントワネット編-【宝塚ポイント5倍】DVD
 大空祐飛バージョン
結局5回見たゆーひオスカル。先週の緊張感はどこへやら。最後の土日は、ステキなオスカル様でした!ブイエ将軍と言い合う場面は勢いがあって、オスカルの苦悩がすごく伝わってきました。等身大というか、親近感を感じるオスカルだったと思います。
「今宵一夜」で、アンドレが近づかないのは、もう仕方ないというか…。変な小細工するより、潔くていいんじゃないでしょうか。
フィナーレの「小雨」の大階段で、一度ぐらついたというような話を聞いたのですが(見た人から直接聞いたわけじゃないので、真偽のほどは定かではありませんが)、そのせいでしょうか。わたるくんがやけにぎゅううっゆーひちゃんの手を握っていたのは! 目の前を横切るゆーひちゃんを優しく見守るわたるくん。まるでお兄様のようでした。(男役の衣装だから、お兄様で許してね)
唯一、もったいないな~と思ったのは、お化粧。角度によって、すごくキレイに見える時と、地味に見える時があったんですよね~。スタイルもいいし(腰細っ!)、1週間で全て良くなっていたので、もったいないなと。

わたるフェルゼンは、楽に向けてどんどん熱くなり、情熱を押さえきれなくなってましたね。牢獄で、アントワネットに「死なせてください」と言われて「嫌です!」と答える所とか、最後の「王妃さま~~!」の絶叫とか、「行けフェルゼン」でライトがフェードアウトする時の表情とか、好きなんですけど、大好きなんですけど、それフェルゼンじゃないから…。
メルシー伯爵に「別れてほしい」と説得される場面なんて、胸ぐらつかんでも不思議じゃないくらい熱かったし。(掴んでませんよ~、貴族さまですから)
わたるフェルゼン見たさの二桁観劇ですから、本当に大好きなんですけど、…キャラ変わってるから…。
雪の特出を終えた東京公演で、わたるフェルゼンがどうなっているのか、興味津々だったりします。

フィナーレの薔薇タンが、日々すごくなっていくのも見物でした。他に発散する所ないもんね~。それにしても日々オラオラ度が異常にヒートアップしていって、楽近くは笑いなしでは見れないほど…。みんな、スゴイよ。国王さまも、すっかり人が変わってるよ。

回数を重ねるごとに、まわりの人達のお芝居にも目がいくようになりました。
舞踏会でアントワネットがソロを歌う場面。(パンフによると、この曲は本当にマリー・アントワネットが作った曲だそうです。)最初は大人しく聞いていた貴婦人たちが『忍び逢った二人』の歌詞のあたりで、一斉にざわめき立つ所とか、細かいお芝居が多いんですよ~。その後、次々と踊り始めるのですが、カップルごとに駆け引きがあります。その続きの1幕ラストも、シッシーナ夫人の扇とか、見どころ満載だし。
バスティーユの場面でも、足に包帯を巻いて出てきた市民の男が、ちゃんと足をひきずっています。「バスティーユが落ちたぞ|」の時のアランの剣の揺れ具合も日々違います。みんな芸が細かいよ~。

今回SS席~B席まで、また上手・センター・下手といろんな角度から観ましたが、場所によって新たな発見がありました。
B席は、照明や全体の構成がわかりやすいのと、セリ下がりが最後まで見れるのが嬉しいですね。後方のお芝居も良く見えるので、下級生チェックにも向いてます。
1F上手に座った時は、フェルゼン様「もうすぐフランスとの国境だ…」と言いながら、こちらの方をご覧になっていました。どうやら、あの上手端席付近がフランスの国境だったようです。上手の見どころとしては、小舟が緑の布で隠されているのが見えること、パレードでメルシー伯爵アントワネット様の介添えをしているのが見える所など。
1F下手に座った時は、「アン・ドゥ・トロワ」を歌い終わったフェルゼン様が、袖に入るのを間近で見ることができました。それまで”カツ カツ カツ…”という足音だったのが、袖に入ったとたん”カッカッカッ”と早足に!早替わりがあるからでしょうね~。こういう、ちょっとした裏を感じられるのも楽しい♪ あと下手端は、1幕終わりのフェルゼン様が自分の方に向かってくるような錯覚を起こすので、ファンにはたまらない場所だと思います(爆)

個人的にはしぃちゃんベルナールを見て、「しぃちゃんアンドレも見てみたい」とうっかり思ってしまったのが、最大の恐怖です。これって、ハマる典型的なパターンだから~~~~!

テーマ : 観劇
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 宝塚 ベルサイユのばら 湖月わたる 大空祐飛 白羽ゆり

コメント

Secret

GS1 ミニゲーム
フォントのサイズを変える
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Google検索
カスタム検索


最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ブログランキング!
ランキング参加中です。よければ両方クリックしてね☆


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

大阪情報を集めた「おおさか遊ぶろぐ」↓
おおさか遊ぶろぐ
リンク
プロフィール

茉莉花

Author:茉莉花
茉莉花はジャスミン。
食いしん坊なキティラーです♪

ようこそ~(*^-^*)
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。