スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『天保十二年のシェイクスピア』(大阪)

チケット入手困難な人気の公演。休憩をはさんで4時間の長丁場。
たくさんの期待と、少しの不安を胸に劇場へ。以下ネタばれあり。


◆『天保十二年のシェイクスピア』DVD
 
グローブ座を模した舞台には、開演前からシェイクスピア時代の衣装を着けた役者さんたちがウロウロしている。そして、開演のベルと同時に、はけていく。まるで、舞台裏から舞台へと出て行くように。
と、客席からふんどし姿の人々が表れ、西洋風だったセットを壊し始める。すると、さっきのセットの一部が残ったままなのに、舞台は一気に天保時代の日本へとタイムスリップしてしまう。
西洋と天保時代の日本を一気に結びつける、粋な演出♪

「シェイクスピアがいなかったら…」という歌は、シェイクスピアの偉大さをたたえると同時に、演劇に携わる人々を皮肉っていておもしろい。シェイクスピアがいなかったら、この「天保十二年~」もできなかったわけだし。

シェイクスピアの37作品を解体し、編みなおした作品だから、役名ももじったものもあれば、役と作品があっていないものもある。
ハムレットの設定の王次が、ロミオのセリフを喋る。魔女が妖精パックの惚れ薬を手にしている。でも違和感はなく。
それにしても、ジュリエットのセリフをあんなにあっけらかんと言わせるなんて!お光の明るすぎる「どうして、あんたは王次なの~!」には驚きを通り越して、笑ってしまった。

それに、この作品には演劇のいろんな要素が詰まっていて、舞台の見方を勉強することもできる。村の端と端にあるはずの家が、一緒に舞台上に出現する。狂言廻しの”百姓隊の隊長”が「観客の想像力に助けられて、舞台はなりたっている」と説明する。今までは「端と端の家です」と言われたら、そうなんだと思って見ていたけど、それは想像力のなせるワザだったのか!それには気付かなかった(笑)。ならば、想像力豊かな人の方が、舞台をより楽しめるわけね。そして、想像力をかきたてる作品が良作と言えるのかもしれない。

王次が「To be, or not to be - that is the question.」の日本語訳を次々と披露する。微妙にニュアンスの違う訳の数々。舞台裏の翻訳家の苦労を見たようでおもしろい。人気の作家だけに訳が少ないような気もするが、文明開化から150年と思えば多いのかも…。
他にも、一人二役や人形振りなど、さまざまな手法がさりげなく取り入れられている。
場のタイトルや歌詞が電光掲示板で表示されてた。現代ではあまり使わない単語など、文字で見ると何となく意味がわかるから…。韻を踏んだ歌詞が多いように感じたのは、やはりシェイクスピアだから?

めまぐるしく展開するストーリーと手法は、俳優さんたちの年齢も超越してしまう。藤原くんと篠原さんが、普通に「ロミオとジュリエット」をすると、年齢が…などと言われそうだが、この舞台ではごく自然に恋人同士に見えた。
舞台の持つ可能性と魅力を余すところなく見せてくれていたと思う。

4時間という長さは感じなかったけれども、三世次が代官になる頃には、さすがにお尻が痛くなってきた。最初は笑う部分も多かったけれど、次々に人が死に、シリアスになっていく。西岡さんの死ぬ場面は思いがけず笑ったけど、最後の方は「シェイクスピアって、こんなに人が死んだっけ?」と思うほどだった。(喜劇の方が好きで、よく読んでいたので…)

そんな思いも、最後に皆が天冠(頭の三角の布)をつけて出てきた時に、払拭される。セットも元のグローブ座へと戻されていく。俳優たちが「シェイクスピアがいなかったら…」と楽しく歌う姿は、全ては舞台上の出来事、お芝居だったのだ、と再認識させてくれ、救われた気持ちになった。

観劇の数日前にチケットを譲り受けたため、予習ができなかったことが悔やまれる。元の作品を思い出せず「これ、何の場面やったっけ~」と、モヤ~ッとした気分になることも度々。練りに練った作品だけに、予習し繰り返し見たなら、もっといろんなメッセージを受け取ることができたのではないかと思う。

テーマ : 観劇
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 天保十二年のシェイクスピア 藤原竜也

コメント

Secret

GS1 ミニゲーム
フォントのサイズを変える
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Google検索
カスタム検索


最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ブログランキング!
ランキング参加中です。よければ両方クリックしてね☆


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

大阪情報を集めた「おおさか遊ぶろぐ」↓
おおさか遊ぶろぐ
リンク
プロフィール

茉莉花

Author:茉莉花
茉莉花はジャスミン。
食いしん坊なキティラーです♪

ようこそ~(*^-^*)
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。