スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「また逢おうと竜馬は言った」演劇集団キャラメルボックス

00.9 新神戸オリエンタル

岡本は独身のサラリーマン。乗り物酔いをするくせに、ツアーコンダクターが仕事。そんな彼は坂本竜馬を尊敬し、師とあおぎ、竜馬のようになりたいと願っていた。

ある日、同僚・本郷を空港まで迎えにいった岡本は本郷の妻・ケイコに会う。本郷とケイコは夫婦ゲンカの最中らしい。ところが、本郷がツアー客の石倉(女性)と手をつないでいるのを見て、二人の仲はますますややこしくなる。岡本はなんとか二人を元に戻そうとするが、石倉の持ち込んだ事件で、事態はさらに混乱する…。

◆「また逢おうと竜馬は言った」1995年版
 
---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---

主人公が竜馬と対話しながら、話がすすんでいくのがおもしろかったです。あの竜馬は、主人公が何度も本を読んでいるうちに自分の中で作り上げた幻だと思うのですが…。竜馬との別れは、主人公が成長した証しだと思いました。岡本を演じる南塚さんは、話が進むにつれカッコ良くなっていくんです。ケイコを守るのに必死になっているうちに、男らしくなっていくんです。

でもね、今回はカッコいい南塚さんより、岡田達也さん田嶋ミラノさんに目がいってしまいました。
岡田さんは、とにかく竜馬が似合ってる!私けっこう幕末にはうるさくて、テレビも映画も本もマンガもよく見てるんです。そんな私も納得の竜馬。あまりにイメージにピッタリで、ビックリしちゃいました。カーテンコールの時に思いっきり手を振ってたのが、岡田さんらしい上に、これまた竜馬っぽかったんだな~。

ミラノさんは女優さんでしたね~。華があるというんでしょうか、出てきただけで目がいっちゃう。勝ち気だけど可愛いヒロインが似合ってました。わたし大好きなんですよね、ミラノさんのお芝居が(^o^)


大内さんは、仕事一筋のサラリーマン。きっと本人もこんな人なんだろうな~って思うくらい、これまた似合ってました。でも前にマンガ家のアシスタント(オカマ!)を演じた時も「もしかしたら、本当はこんな人かも知れない…」と思うくらい似合ってたしな~。謎な人


それにしても、夫婦ゲンカを薩長同盟に例えるあたり、発想がスゴイと思いました(^-^)/

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 演劇 キャラメルボックス

コメント

Secret

GS1 ミニゲーム
フォントのサイズを変える
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Google検索
カスタム検索


最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ブログランキング!
ランキング参加中です。よければ両方クリックしてね☆


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

大阪情報を集めた「おおさか遊ぶろぐ」↓
おおさか遊ぶろぐ
リンク
プロフィール

茉莉花

Author:茉莉花
茉莉花はジャスミン。
食いしん坊なキティラーです♪

ようこそ~(*^-^*)
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。