スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨宮まみさん

最近、とある雑誌で雨宮まみさんのコラムを読んだ。私にはとても共感できる内容だった。

痒いところに手が届く内容を、わかりやすい文章で書いてあって、文才がある人ってすごいなと思った。

これが雨宮まみさんを知った最初。


次に名前を聞いたのは、雨宮さんの訃報だった。40才の若さだった。


ブログに死についての投稿があって、私が最近感じてる事と近い内容もあって、それがやはりわかりやすい文章で書かれていて…。

今更だけど雨宮さんの書いた文章をもっと読みたいと思ったし、もっと書いてほしかった。


雨宮さんの訃報記事を巡っているうちに、吉野朔実先生の訃報も知りました…。ショック。


ご冥福をお祈りします…。
スポンサーサイト

「桜花に舞え」「ロマンス‼︎」



みっちゃんのサヨナラ公演を観劇。

明治維新後はあまり知らない上に方言が難しく、ちょっと難易度の高い舞台でした。

と言いつつ、ラストのみっちゃん&紅さんには泣いた。これぞ宝塚!だよね。一つの時代が終わるんだなと思いつつ…。

ここ数年、星組観劇率が高かったので、美城れんさんもこれでラストなんだと思うと感慨深くて…。何を演じても安定感抜群のバイプレイヤー。宝塚で見れなくなるのは寂しいです。

そして大輝真琴さんが大劇場復帰!すごく嬉しかったんだけど…ダンスシーンにあまり出てなかったのが気になってしまった…。歌うまこぱんは大好きだけど、踊るまこぱんも大好きなのに!(贅沢!!)
次は踊るまこぱんを沢山みたいなぁ…。

REON JACK

星組下級生時代にタイムスリップしたみたい!
うめちゃんが星組を出て、もう10年ですか…。
光陰矢の如し

「はみだしっ子」三原順

三原順先生が亡くなって20年。東京で回顧展が開催されてたとか…。気づいた時には終わってて行けなかった…。かなりショックです……。

というわけで久しぶりに「はみだしっ子」を読みました。
今更ですが、ようやく「はみだしっ子」の終わり方に納得いきました。と言っても自分で気づいたんじゃないんですけどね…。

ネットで「グレアムがジャックを親として受け入れて、はみだしっ子じゃなくなった」というのを見て、なるほど!と…。

彼らは親に愛されなかった子供、自分から親を捨て代わりに「僕らを愛してくれる人」を探す旅に出る。これがはみだしっ子の物語の発端。そして養父母を書類上だけでなく、親として受け入れてようやくはみだしっ子でなくなったと。

三原先生は物語をきちんと完結させてくれてたのに、あまりに唐突な終わり方にずっと本当の意味がわからなかった…。ごめんなさい。

それにしてもグレアムのあのセリフが、ジャックを親として受け入れた言葉だったとは。重い。重すぎる。


Part.17「クリスマスローズ咲く頃」


子供の虐待やネグレクトが知られる前に「はみだしっ子」を描き、1980年には「はみだしっ子」の中で裁判員制度を取り上げ、チェルノブイリの数年前に原発を題材にしたマンガを描いていたJUN様。

もしご存命なら、今どんなマンガを描いてらしたのだろうか?

いつかJUN様の原画を見てみたいものです…。

「タンゴ冬の終わりに」

三上博史さんの舞台!

ずっと観たいと思ってて、やっと!
観終わった後は余韻が冷めなくて…。

続きを読む

GS1 ミニゲーム
フォントのサイズを変える
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Google検索
カスタム検索


最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ブログランキング!
ランキング参加中です。よければ両方クリックしてね☆


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

大阪情報を集めた「おおさか遊ぶろぐ」↓
おおさか遊ぶろぐ
リンク
プロフィール

茉莉花

Author:茉莉花
茉莉花はジャスミン。
食いしん坊なキティラーです♪

ようこそ~(*^-^*)
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。